アッバス議長が広島訪問、原爆慰霊碑に献花(読売新聞)

 来日中のパレスチナ自治政府のアッバス議長が7日、広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花、広島平和記念資料館を視察した。

 同資料館では、被爆直後の市街地を再現した模型や、被爆者の写真などに見入り、「広島、長崎に起きたことに、心が痛む。核兵器、大量破壊兵器のない世界の実現が重要。日本が廃虚から復興し、経済大国になったことに敬意を表したい」などと記帳した。

 今回の来日は、鳩山首相らと中東和平の現状などについて意見交換することが目的。来日は3回目だが、広島入りは議長の希望で初めて実現した。

首相動静(2月9日)(時事通信)
<鬼祭り>「アオー」青鬼駆ける 愛知・豊橋で無病息災願う(毎日新聞)
首相動静(2月9日)(時事通信)
小沢氏元秘書の石川議員ら3人起訴…東京地検(読売新聞)
<泉鏡花>「摩耶夫人像」遺族が松竹に寄贈(毎日新聞)
[PR]
by sf5tdbwwlc | 2010-02-13 01:07
<< 人事院、国家公務員1種合格者の... 広島市、今年度中の「子ども条例... >>