看護師の業務拡大へ=範囲明確化、医療の一部も−検査など想定・厚労省検討会(時事通信)

 厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」は19日、看護師の業務拡大などを盛り込んだ報告書案をまとめた。看護師が現行法の下で行える行為を明確化するとともに、専門的な臨床能力を備えた「特定看護師」(仮称)に、これまで医師しかできなかった医療行為の一部を認める。想定されるのは一部の検査などで、来月以降、法制化も視野に入れた具体的な検討に入る。
 現行では、看護師は医師の指示に基づき「診療の補助」を行うとされ、高度な医学的判断・技術を要する行為は指示があってもできない。可能な行為の範囲は明確でなく、違法性がないか不安を抱いたり、知識・技術を持つ看護師の能力を生かせないという問題があった。
 報告書では、看護師が診療の補助として実施できる行為の範囲を「拡大する方向で明確化することが適当」とした。 

<訃報>吉田玉松さん76歳=元文楽人形遣い(毎日新聞)
関係閣僚が普天間移設先で最終調整 今週中に政府案を決定へ(産経新聞)
原口総務相がパーティー、3度目は2万円(読売新聞)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」(J-CASTニュース)
夕映えの二上山と西方浄土(産経新聞)
[PR]
# by sf5tdbwwlc | 2010-03-23 23:07

海保、警視庁が“厳戒態勢” シー・シェパード逮捕 (産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)するピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)を乗せた第2昭南丸が東京港の晴海埠頭(ふとう)に着岸した12日午前、海上保安庁は、警視庁と連携して港周辺の警備と報道陣への規制を徹底した。

 ベスーン容疑者(44)は同船内で逮捕された後、海保の巡視艇で約10分近くかけて東京海上保安部近くのデッキへ移送された。ただ、巡視艇から海保の車両に連れて行く際は青いビニールシートで覆い隠しされ、ベスーン容疑者の様子をうかがうことはできなかった。海保施設に向かう車の後部座席も、四方をーテンで覆う徹底ぶりだった。

【関連記事】
シーシェパード逮捕「被害者を逮捕した」とSS代表が非難
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然
SS身柄引き渡しに官房長官「司法が適切に判断」
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
日本船団に不法侵入のシー・シェパードメンバーを逮捕へ
20年後、日本はありますか?

離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲(産経新聞)
改革要求ラッシュ、自民・谷垣氏に試練(読売新聞)
昼ホテル、好評営業中 宿泊なし…不況時代の「お手軽レジャー」(産経新聞)
「激痛が走り、のたうち回った」凄惨な証言に静まりかえる法廷 秋葉原殺傷(産経新聞)
子ども手当法案を可決=衆院厚労委(時事通信)
[PR]
# by sf5tdbwwlc | 2010-03-19 14:11

<恐喝未遂>「ステレオポニー」の掲示板で現金要求 男逮捕(毎日新聞)

 3人組の女性バンド「ステレオポニー」のホームページの掲示板に現金を要求する書き込みをしたとして、警視庁麹町署は17日、奈良県大淀町檜垣本、無職、大西俊慈容疑者(26)を恐喝未遂容疑で逮捕したと発表した。大西容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、2月10〜11日に自宅のパソコンから、「すべての個所の骨、金づちでおるぞ」「要求は、金」などと14回にわたり書き込んだとしている。

 バンドが所属する「ソニー・ミュージックレコーズ」が2月26日に被害届を麹町署に出していた。【神澤龍二】

【関連ニュース】
脅迫容疑:部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕
恐喝未遂:「みかじめ料」要求容疑で組員逮捕 愛知県警
ストーカー容疑:ノエビア元副社長を再逮捕 脅迫容疑でも
容疑者に便宜:たばこや自宅立ち寄り 神奈川県警が懲戒
銃弾?入り封筒:東京地検に届く 小沢氏逮捕求め

同意なく研究段階の手術=生体肝移植、倫理委も未報告−東京医大(時事通信)
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
死亡補償金は最大3300万円=新型ワクチンの副作用救済−厚労省(時事通信)
川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)
荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す−千葉大生殺害事件・兵庫(時事通信)
[PR]
# by sf5tdbwwlc | 2010-03-18 00:29

現代の傾奇者集う 武蔵野市・月窓寺(産経新聞)

 元モー娘。の吉澤ひとみと石川梨華のビジュアル系ユニット「ハングリー&アングリー」、京都花街の如月(きさらぎ)太夫、映画「座頭市」の振り付けで有名なタップダンサーのヒデボーら、現代の“傾奇(かぶき)者”が集う「吉祥寺かぶき祭」が14日、武蔵野市吉祥寺本町の月窓寺境内で開かれた。

 漫画「花の慶次」を生みだした“傾奇本家”コアミックス(本社・武蔵野市)が地域活性化を目的に行ったこのイベント。多彩なステージが吉祥寺の街を華やかに彩った。

<普天間>移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調(毎日新聞)
「弟は弟」鳩山首相、邦夫氏との連携を否定(読売新聞)
<排ガス>積雪で車内に逆流 男性死亡 岩手(毎日新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)
宮城、福島、山形で震度4(産経新聞)
[PR]
# by sf5tdbwwlc | 2010-03-16 16:51

山崎直子宇宙飛行士 11年の集大成…4月にシャトル搭乗(毎日新聞)

 4月5日に米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗して、国際宇宙ステーション(ISS)に向かう宇宙飛行士、山崎直子さん(39)が10日、米テキサス州のジョンソン宇宙センターで、打ち上げ前最後の記者会見をした。「(宇宙飛行士候補の内定から)11年間訓練をしてきた集大成。立派な仕事をして、日本人宇宙飛行士のバトンをつなぎたい」と抱負を述べた。

 ディスカバリーは、実験ラックやアンモニアタンクなどを積んだ補給モジュールをISSに運搬する。山崎さんを含む34〜51歳の7人が搭乗し、女性クルーは3人。山崎さんは、日本人女性で初めてシャトルの運用を担当する搭乗運用技術者として乗り組む。94、98年搭乗の向井千秋さん(57)は、宇宙実験の専門家、搭乗科学技術者だった。

 クルー全員の会見後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の会見に単独で出席した山崎さんは「飛行1日目にペイロードベイドア(シャトルの貨物室ドア)の展開、2日目にはロボットアームでの耐熱タイル検査を担当する。その作業をぜひ見てほしい」と、特に得意のロボットアーム操作へのこだわりも見せた。ISSでは長期滞在中の野口聡一さん(44)と合流、教育ビデオの撮影や余暇を使った楽器演奏などのプログラムも考えているという。【奥野敦史】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:搭乗のシャトル打ち上げ延期 4月5日に
エンデバー:米ケネディ宇宙センターに帰還
シャトル:山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」
スペースシャトル:エンデバー打ち上げ成功
山崎直子宇宙飛行士:両親「悔いのないように」

地下鉄サリン「13人目の死者」=被害者救済法で認定−刑事裁判は対象外・警察当局(時事通信)
医師と患者手助け 人体そっくり模型 シリコーン研究 強度の欠点克服(産経新聞)
官房長官案も「精査」 普天間移設問題(産経新聞)
民主・小林議員陳謝、進退は留保…地元で会見(読売新聞)
医療チーム、派遣見送り チリがキャンセル(産経新聞)
[PR]
# by sf5tdbwwlc | 2010-03-11 21:59